· 

麻痺手は、失った手ではないんだから!

今回の情報交換会では、片麻痺当事者さんの愛ある「喝!」が入りました。

「脳卒中で麻痺してしまった手は、確かに動かしたくても動かせないわけです。

でも、その手は切断されて失っているわけではないでしょう?ちゃんとみんなの腕として存在しているんですよ。

みなさんがご飯を食べてるのを見てるとね、麻痺した方の腕の存在なんか忘れて、机の下でダラーンとしてはる。それじゃあアカンのです。

ちゃんと手はあるのやから、机の上に置いてあげて。麻痺した方の手も忘れずに、ちゃんと意識してあげないと。」

 

麻痺手は日常で使う機会がなかなか無いため、リハビリに苦戦される方も多いです。

でも、麻痺手の存在を忘れてしまう事が、リハビリを大幅に遅らせる原因でもあると思います。

 

愛ある喝に、その場にいた片麻痺当事者さんは、慌ててテーブルの上に麻痺手を乗せていらっしゃいましたよ。

麻痺手を日常のほんの少しの時間でも使える工夫、そして麻痺手を意識できる工夫をしていきたいですね。